企業戦略に必要不可欠なSalesまとめ

どの施策で効果が出ているのか

商談が成功し、良かった良かった!と打ち上げをして終わり!これではとても勿体ない気がします。確かに成功すればお酒を飲み、慰労をするのも大事ですが、その先につなげることも重要です。営業マンが頭を絞って出した様々な営業のアイデア。またはこれまでの経験やノウハウ。これらの中から、今回の商談の成功にはどの施策を使い、効果がでているのか検証するわけです。

検証する、と言われると失敗した商談を指すイメージがありますが、失敗したもの成功したもの、両方をCRMを使って検証することで、自分、あるいは会社全体の勝ちパターンというものを導き出せるわけです。やみくもに営業するよりも、ポイントを押さえ、勝ちパターンに沿って進めていけば、確度の高い営業が可能となります。

もちろん、すべてがこのパターンに当てはまるわけではなく、工夫も必要です。そこの部分も情報として蓄積することで、AがだめでもB。それでもだめならCという具合に、多くの選択肢を営業マンが持っておくことで、営業の幅も広がり、自信を持った営業を行うこともできるようになるんですね。


No comments yet. Be the first.

Que piensas

Mexico